Japanese guide service
バンコク発 日本語ガイドサービス


専用車と日本語ガイドでプライベートな旅行が楽しめます!

自由気ままに旅行がしたい!専用車でプライベートな旅行がしたい!でもサポートなしではちょっと不安... 日本語ガイドサービスはそんなニーズにお応えできます!旅のサポートに、食事の注文や説明などに、道案内に、もっとタイを深く旅したい貴方に。日本語ガイドのサポートがあれば見知らぬ異国の地の旅行も安心です。

  バンコク発 日本語ガイド付きレンタカー(市内中心部)

項目 料金 時間/備考
半日(市内中心部) 3,300B 5時間(ガソリン代込み)
1日(市内中心部) 5,950B 9時間(ガソリン代込み)
お申込はこちら

※延長(サービス時間内): 600B/時間(6:30~19:59)
※延長(サービス時間外): 750B/時間(20:00~0:00)


※観光入場料 / 食事代金 / 駐車場代金 / 高速代金等は含まれておりません。
 お客様にてお支払い頂く形となります。
※年末年始,ローイグラトン,ソンクラーンなどの期間は、特別価格となります。お問い合わせください。


  バンコク発 日本語ガイド付きレンタカー(郊外)

項目 料金 ご利用時間 時間/備考
半日(バンコク郊外) 3,500B 5時間
(ガソリン込み)
ムアンボーラーン、
ローズガーデン、象&ワニ園など 【~50km圏内】
3,900B ダムヌンサドゥアック/アムパワー水上市場、
メークローン市場、サメット島、など【~75km圏内】
1日(バンコク郊外) 6,800B 9時間
(ガソリン込み)
ダムヌンサドゥアック水上市場など【~75km圏内】
7,500B アユタヤーなど 【~100km圏内】
8,000B カンチャナブリー、パタヤーなど 【~150km圏内】
お申込はこちら

※延長(サービス時間内): 600B/時間(6:30~19:59)
※延長(サービス時間外): 750B/時間(20:00~0:00)


※観光入場料 / 食事代金 / 駐車場代金 / 高速代金等は含まれておりません。お客様にてお支払い頂く形となります。
※複数の別地域へ移動の場合はその合計距離で料金が決まります。
 詳しくはお問い合わせくださいませ。
※ガイドは観光のお手伝いは可能なのですが、商談、仕入などのビジネス的な通訳は基本的にはできません。ご了承ください。
※年末年始,ローイグラトン,ソンクラーンなどの期間は、特別価格となります。お問い合わせください。


  バンコク発 日本語ガイドサービス

項目 料金 時間/備考
半日(市内/郊外) 1,600B 5時間
1日(市内中心部) 2,950B 9時間
1日(郊外) 3,100B 9時間
お申込はこちら

※延長(サービス時間内): 350B/時間(6:30~19:59)
※延長(サービス時間外): 400B/時間(20:00~0:00)

※ガイドは観光のお手伝いは可能なのですが、商談、仕入などのビジネス的な通訳は基本的にはできません。
 ご了承ください。


  バンコク空港 ⇒ 市内ホテル 送迎

項目 料金 備考
通常時間料金
(07:00~20:00)
1,860B 日本語ガイド付
早朝/深夜時間料金
(通常時間外)
2,200B 日本語ガイド付

お申込はこちら

  市内ホテル ⇒ バンコク空港

項目 料金 備考
通常時間料金
(07:00~20:00)
1,860B 日本語ガイド付
早朝/深夜時間料金
(通常時間外)
2,200B 日本語ガイド付
送迎車のみ料金 1,200B 運転手のみ
お申込はこちら



  ☆たとえば 『ガイド付きレンタカー』でこんなところへ行ってみたい! ☆

 ダムヌン・サドゥアック水上市場
ダムヌン・サドゥアック水上市場
ダムヌン・サドゥアック水上市場
『ダムヌン サドゥアック(Damnoen Saduak)』はバンコクから80kmほど離れたラチャブリー県に位置します。この水上市場は運河を利用して作られており、この運河は、150年ほど前、ラーマ4世の時代に造られました。ここでの売り買いは、小船に乗ったまま行なわれるという珍しいもの。この伝統的な文化を一目見ようと集まる観光客で毎日賑います。
ここ『ダムヌン サドゥアック』は政府が伝統的な文化の保護と観光客誘致のために整備したもので、現在では観光地化されてはいますが、昔ながらの水上市場の雰囲気はたっぷり。
市場は早朝から14:00頃まで見られますが、最もにぎわう時間帯は7:00~9:00頃です。

 メークローン線路市場
メークローン線路市場
メークローン線路市場
タイ国鉄メークローン線上にある名物市場です。
別名『タラート・ロム・フープ』、直訳すると”傘を閉じる市場”となり、列車の通過時にはその名の通り、市場の商店はあわただしくパタパタと日よけ傘をたたんで左右のスペースへ避難します。列車が通過すると再び市場が再開されます。
市場は生鮮魚肉、野菜など地元の生活のためのものが売られており、ローカル市場そのものです。
列車は1日4往復、8回ゆっくりと通過します。そのインパクトは絶大で一見の価値ありです!

 ワット・プラケオ
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
王宮とワット・プラケオは同じ敷地内にあり、王宮はチャクリー・マハー・プラサート宮殿、ドゥシット・マハー・プラサート宮殿などが見所です。(但し、中には入れません)
現王朝の祖・ラマ1世によって建設されました。歴代の国王もかつてはこの宮殿に住んでおられましたが、先代の死をきっかけに、現国王・ラマ9世は、チットラーダ宮殿に居を移されました。しかし現在でも国王の戴冠式をはじめ重要な行事はこちらで行われております。

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)は1782年のバンコク遷都に合わせて建設されました。本堂に祀られている本尊がエメラルドのような色をしたヒスイで作られている為、『エメラルド寺院』と呼ばれています。
そのエメラルド仏は高さ66cm、幅48.3cm、現王朝の別名にもなっているラッタナコーシン(インドラ神の宝石)という名を持ち、年に3回、儀式と共に国王自らが衣装を取り替えます。

 アユタヤー遺跡群
アユタヤー遺跡群
アユタヤー遺跡群
アユタヤー王朝(1351年~1767年)の首都として栄えたアユタヤーに現存するこの遺跡群は世界遺産に指定されています。
遺跡は主にチャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロップリー川に囲まれた中州に集中しています。 これは、敵からの防御を考えて中心部の回りに運河を掘ったことによるものです。
ワット・プラシーサンペット、ワット・ローカヤスターラームなどの寺院跡、王宮跡が残っています。
穏やかな流れのチャオプラヤー川に接するアユタヤーは交易に適し、最盛期にはその利益で膨大な数の寺院を建立しました。
しかし、1767年にビルマの攻撃を受けてアユタヤ王朝は滅亡しました。この時に首都アユタヤーの建造物や石像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなってしまいました。現在の遺跡がほとんど煉瓦だけになってしまっているのはそのためです。

 ディナークルーズ
ロイ・ナワ ディナークルーズ
ロイ・ナワ ディナークルーズ
バンコク市内の真ん中を縦断するように流れるタイ最大の河川『チャオプラヤー川』には多くの観光船が運行されています。
その中でも夜に周囲のライトアップされた景色を眺めながら食事ができる”ディナークルーズ”は、バンコクに遊びに来た時にはぜひお試し頂きたい人気のアトラクションです。
船は『ワット・ポー』やライトアップが美しい『ワット・アルン(暁の寺院)』などを周回するルートになっています。
船よってタイ舞踊やブラスバンドによる演奏などの趣向が凝らされており、乗り比べるのも一興です。
分類としては大きく“伝統的なタイ様式の船”と”豪華観光船”の2種類に分けられ、それぞれに特徴があります。


お申込みフォーム

  • お申込みフォームからお申込みいただいた場合、まず自動返信にて申込確認メールが届きます。
  • 通常1営業日中にお返事を差し上げます。
  • お支払いは銀行振り込みの他、前日までに現地通貨払いも可能です。
  • 弊社では、お客様のプライバシー保護を重要と考えており,お送りいただいた情報は厳重に管理いたします。
  • 現地到着後、店頭でのご予約も承っております。