Harf Day Tour
PV-10 ピンクのガネーシャ寺院訪問ツアー   午前/午後出発ツアー 小舟乗り

ピンクのガネーシャ ワット・ソートーン ワット・ソートーン ワット・サマーン
ツアーの見所

週末にはタイ人観光客で人気のパワースポット! 願いは叶う!(かも?)

タイの寺院といえば厳かな雰囲気が漂うイメージなのですが、バンコクから西へ50kmチャチュンサオ県にあるワット・サマーンはそんなイメージを覆す様な雰囲気です。敷地内には市場の様に出店があり、参拝すれば願いがかなうとされるこのお寺へのタイ人参拝客が多数。地元では有数のレジャースポットとなっています。ここには巨大なピンクのガネーシャ像がある事でも有名です。ガネーシャは元々ヒンズー(バラモン)教の神様なのですが、 ここワット・サマーンは仏教寺院となんだか不思議な感じです。


 ツアースケジュール ツアーの旅程  ツアースケジュール
  1. AM 7:00/13:00 ホテルホテルへお迎えに上がります。
  2. ワット・ソートンを見学
    ワット・ソートン
  3. ワット・サマーンにてピンクのガネーシャ見学
  4. 乗船体験(30分位バンパコン川を遊覧します)
  5. AM 12:00頃/18:00頃  ホテルホテルへお送り致します。
ツアー料金に含まれているもの 料金に含まれているもの
専用送迎車/日本語ガイド/乗船代
ツアー料金に含まれていないもの 料金に含まれていないもの
お飲み物
 オプショナルツアー料金 お一人様当たりの料金

お申込はこちら
ご人数 お一人様当り価格 ご人数 お一人様当り価格
1名様 3,980B 4名様 1,460B
2名様 2,200B 5名様 1,290B
3名様 1,720B 6名様 1,200B
7名様以上はお問い合わせくださいませ
※お子様料金について: 大人料金の70% または 子供2名様で大人1名様分となります。
 子供料金は3歳~12歳までのお子様が適用されます。


ワット・ソートーン ワット・ソートーン ワット・ソートーン ワット・サマーンでの乗船体験


 オプショナルツアーの見どころ ☆このツアーの見所☆

 ピンクのガネーシャ
ピンクのガネーシャ
ワット・ソートーン
タイ人の地元レジャースポットとなっている『ワット・サマーン・ラタナラーム』にある巨大なガネーシャ象です。
ガネーシャとはヒンドゥー教(バラモン教)の神様で頭部は象、胴体は太鼓腹の人間という姿で4本の腕を持ち、あらゆる障害を取り除いて財産をもたらす、商業・学問の神とされています。
ガネーシャの周りにいるネズミはガネーシャの使い(でもあり乗り物でもあるそうです)
願いごとをネズミに囁き、ネズミからガネーシャへ伝えてもらって願をかなえるというシステムです。
生まれた曜日ごとに定められた色のネズミにお願いを囁きます。
(生まれた曜日  日曜:赤、月曜:黄、火曜:ピンク、水曜:緑、木曜:オレンジ、金曜:青、土曜:紫)

 ワット・ソートーン
メークローン線路市場
メークローン線路市場
元々は「ワット・ホーン」(Wat Hong)と呼ばれていました。非常に大きくて白色の美しい本堂が目を引きます。
また、年間の参拝者の数がバンコクのワット・プラケオ(エメラルド寺院)に次いでタイ国内で2番目に多いお寺ということでも有名です。
寺院には、タイ国内で最も崇拝されている仏像の1つであり、地域の信仰の中心となっている「プラ・プッタソートーン」(Phra Phutthasothon)または「ルアン・ポー・ソートーン」(Luang Pho Sothon)が祀られています。 言い伝えによれば、この仏像は川に流れているところを発見されましたが、納める祠を作りお迎えするための儀式が終わるまで、この仏像を川から引き上げることができなかったという言い伝えがあります。


お申込みフォーム

  • お申込みフォームからお申込みいただいた場合、まず自動返信にて申込確認メールが届きます。
  • 通常1営業日中にお返事を差し上げます。
  • お支払いは銀行振り込みの他、当日ガイドへ直接お支払い頂く形も可能です。
  • なるべく1週間以上の余裕を持ってお申込み下さい。
  • 料金にはサービスチャージが含まれております。
  • VAT(付加価値税)は含まれておりません。ご希望のお支払い方法によっては(クレジットカードでのお支払いなど)別途加算されます。ご了承下さい。
  • キャンセルについては『よくある質問』の”キャンセルについて”をご参照ください。