Chiangmai Column
チェンマイ コラム

チェンマイハッピーツアー's ブログ チェンマイに住む! ユー ティー ヂャンワット チェンマイ-『バカ鳥』デザイン 素夢文sombun-バス停1 チェンマイに住む!                 ユー ティー ヂャンワット チェンマイ-ワローロット市場前

チェンマイ在住者の視点から描いたチェンマイに関するいろいろなコラムです。

枠 枠
44. タイ流 チップの考え方 By: とっけー ブタネコ
43. アーケード・バスターミナル By: そんぶーん
42. 映画ブンミおじさんの森 By: そんぶーん
41. ラオスへお出かけ『番外編』 By: ミント 目
40. ラオスへお出かけ『後編』 By: ミント 目
39. ラオスへお出かけ『前編』 By: ミント 目
38. フードフェスティバル By: とっけー ブタネコ
37. チェンマイの洪水(2011) By: そんぶーん
36. パンダのリンピンちゃん By: そんぶーん
35. サムライバーガー By: ミント 目
34. バンコクの洪水の影響。。。 By: とっけー ブタネコ
33. タイのオートバイ By: ミント 目
32. うどんが食べたい! By: そんぶーん
31. 帰ってきた2バーツ硬貨 By: そんぶーん
30. タイの鉄道とチェンマイ駅 By: ミント 目
29. チェンマイの乗物(公共交通機関) By: ミント 目
28. チェンマイは暑い! By: とっけー ブタネコ
27. から~~いっ。 By: そんぶーん
26. 久しぶりの映画鑑賞 By: そんぶーん
25. いまだ健在!おバカTシャツ By: とっけー ブタネコ
24. タイのホーロー製品 By: そんぶーん
23. お手製ナムマナーオ By: そんぶーん
22. 庶民の超ローカルカラオケ By: とっけー ブタネコ
21. 寝正月的ソンクラーンの過ごし方 By: とっけー ブタネコ
20. 自家焙煎コーヒーの味 By: そんぶーん
19. チェンマイの郵便局 By: ミント 目
18. 蚊取りラケットのこと By: そんぶーん
17. タイのタバコ ホラーなパッケージ By: とっけー ブタネコ
16. チェンマイの夜間検問 By: とっけー ブタネコ
15. 90日レポートの申請にて By: そんぶーん
14. 便利な郵便局 By: そんぶーん
13. コインランドリーにて By: そんぶーん
12. タイへ来て驚いたこと その2 By: とっけーブタネコ
11. タイ語でコナン By: そんぶーん
10. タイ風もやしの食べ方 By: そんぶーん
09. タイのケーキ By: そんぶーん
08. ビアチャーンのCMがカッコイイ!! By: とっけーブタネコ
07. 粗品は何にする? By: そんぶーん
06. 市場散策その2 By: そんぶーん
05. 市場散策その1 By: そんぶーん
04. タイへ来て驚いたこと  By: とっけー ブタネコ
03. LCC(格安航空会社ってどう?  By: とっけー ブタネコ
02. タイのチョコレート  By: そんぶーん
01. 旧正月の行事 By: そんぶーん
枠 枠

チェンマイ情報へ戻る 次ページへ

枠 枠


~ タイ流 チップの考え方~


本日はとっけーブタネコの独り言です。

タイにおける『チップ』というものについて、みなさんそれぞれに考え方があると思います。

そして、そのとらえ方の差も大きく、この話題を取り上げるのは極めて危険。。。
(いわば地雷爆弾?)

と認識はしていたのですが。

ブログに書くネタに困ってしまいまして。。。  だから興味ない人はスルーしてください。





というわけで、この『タイ流チップ』について。

タイにはそもそもチップというシステムはなかった、とされています。

それが、近代になって西洋人
からこの『チップ』というものが入ってきたと。

日本人の場合この『チップ』にたいする考え方は様々ですが
大きく2つのくくりに大別できると思います。

1郷に入れば郷に従え チップ制度があるならそれに従う  かお

2チップという制度も考え方も嫌い 必要な金額は料金に含めるべき  むっ


1の考え方は西洋風の『チップ』制度を基準に考えている方が多く、
また、『払わないでケチと言われるのが嫌だから
(ほんとに言われる事がありますむかっ。客の面前で。。。)』
という理由の人もいると思います。

2は日本的な考え方ですね。

私もどちらかというと1に近い考え方だったんですが、
最近ちょっとタイの『チップ』というものについて
考えが変わりました。

確かにチップは西洋から入ってきた文化・制度だけど、
タイでは本来の『チップ』制度とは違う形で根付いているのではないか?


最近のエピソードとして、

『8番らーめんラーメン』という、タイ全国に展開している
(日本から来た)ラーメン屋さんがあります。


ここは、日本と同じく、お会計はレジに伝票を持って払うシステムです。

日本から来たラーメン屋さんラーメンなんで結構日本人もよく見かけます。
で、日本人はこの手のお店にはあまりチップを置いていきません。
(だって、日本的なシステムなんで感覚的にもチップが必要という感じがしないですし。。。)

チェンマイに住む!                 ユー ティー ヂャンワット チェンマイ-しゃぶし
写真は『しゃぶし』というお店で『八番らーめん』ではありません。。。汗

ある日、友達と待ち合わせのとき、友達は時間に大幅に遅れるという事で、
この『8番らーめんラーメン』で時間を潰していました。会計レジ横の席で。

一般タイ人はこの手のお店にチップを置いていくものなのかどうか?

 そもそもタイ人どうしでもチップを本当に払うものなのか?

(ちょっと疑ってました。チップ制度って外国人相手にだけ
適応されてるんじゃないの?って。。。)

約1時間で(暇人です。。。)11組のお客さんが支払いを済ませ、
そのうち9組がチップをレジに置いて行きました。

(置いていったのは全員タイ人、またはタイ人と外国人のペア、
置いていかなかった1組はファラン(白人)、
もう1組は東洋人系外国人でした。)

しかもそのうち、5組ぐらいは、端数のコインというレベルではなく、
そんなに?というぐらいの額お金でした。

また、サービスチャージが料金¥に含まれるようなレストランでもタイ人と一緒に行けば、
必ずチップを置いて行くように(そのタイ人に)促されます

(自分の金じゃないだろ!って思ったりもしますが。。。)

なんで?って聞くと『ウェイトレスがかわいそうだし、
(チップを払わない事が)はずかしい』と。

聞くところによると、サービスチャージ¥は必ずしも
従業員には渡らないとの事。

だから、サービスチャージ¥があろうが無かろうが、チップお金は別枠なんだとか。。。
(ほんまかいな。。。)

というかタイ人によってはサービスチャージも税金みたいなものという感覚の人もいます


長ーくなりましたが、その他もろもろも総合して

タイでの『チップ』は作法のようなもの

客のたしなみ、作法であってサービスに対するお礼というのとはまた違う感覚かな?と。

だから、チップの本来の意味に従っても時としてタイ人の目からは非常識にうつる事も?
なんて思ってみたりもしたのでした。


※でもタイ人でも、あまりの運転の酷さにタクシーの運転手に1バーツ単位のお釣りの返却を
求める場合もありました。怒りむかっを表現する意味で。

これは私の解釈なんで本当はどうかも、
どうするのがよいのかも正直なんとも言えませんが。。。汗


チェンマイに住む!                 ユー ティー ヂャンワット チェンマイ-ワローロット市場前
タイの風景(写真は本文との関係ありません)


By: とっけー



~ アーケード・バスターミナル~


先週、友達をバスターミナルまで送りに行った時のこと、
びっくり!チェンマイ・アーケード・バスターミナルが
新しくなっていた!

素夢文sombun-バス停1

素夢文sombun-バス停2

厳密に言うと、旧バスターミナルの道路一本はさんだ、
向かい側に新バスターミナルが出来ていました。

チェンマイ・アーケード・バスターミナルは、
中・長距離バスの発着ターミナルです。

最近、バスに乗って旅行に行く機会がなかったもので、
新バスターミナルのこと、知らなかったわ~。

オープンしたてで、チケット売り場もピカピカ。

バスの発車レーンや出発時刻を知らせる、
モニター掲示板もありましたよ~。

By: そんぶーん

素夢文sombun-素夢文ショップロゴ



~ 映画ブンミおじさんの森~


今日はブンミおじさんのこと。
ちなみにブンミおじさんは、親戚のおじさんの名ではありません。
文三(ぶんみ)おじさん、こんなかんじ?
タイ映画の主人公の名前です。
ブンミおじさんの森という映画です。

先日、友達がDVDを貸してくれました。
タイ語タイトルは「ルンブンミー ラルック チャート」。
タイの映画で、昨年2010年のカンヌ国際映画祭で、
最高賞(パルムドール)を受賞した映画です。

日本でも、今年、いくつかの映画館で上映されているそうなので、
ご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。
邦題は「ブンミおじさんの森」です。

昨年の受賞をした時から、私はこの映画が観たくて、
いつ、チェンマイの映画館で上映されるのだろうかと、
すぐに映画館の映画情報をチェックしたり、
テレビで映画の宣伝をしないものかと気にしていたけど、
まったく、チェンマイで上映される気配がありませんでした・・・。

タイ映画で初めてカンヌ最高賞を獲った映画を、
皆、観たいと思わないのだろうか・・・。
バンコクでは上映されていたのだろうか・・・。
私が気づかないうちに、
チェンマイでもひっそりと上映されていたのだろうか・・・。

そんなこんなで1年以上も観ることができなかった映画を
やっとDVDで観ることが出来たのでした!

観る前に聞いていた映画の内容は、
ブンミおじさんが自分の人生を振り返るというストーリー。
黒澤明監督の「生きる」という映画のような内容なのかな?と
思いつつ、観てみると・・・。

不思議・・・。とにかく、世界観が不思議・・・。

ストーリーは現実的でもあるようで、すっごく幻想的でもあって、
映像も昔の8mm映画のようなローカルちっくでもあり、
美しいヨーロッパ映画を観ているようでもあり。

昨年のカンヌ映画祭で審査長を務めた、
ティム・バートン監督はこの映画の感想を
「ファンタジーの要素があり、それは美しく、
奇妙な夢をみているようだった。」と述べていたけど、
まさに、そんなかんじ。

映画を観終わった後は、
不思議な夢を見て、目が覚めた時の気持ちとなんだか似ている。

でも、言葉がイサーン地方(タイ東北地方)の言葉だったので、
私にはよくわからない部分や話についていけてないところもあり、
ストーリ的にも解釈できない?なところもあったので、
もう4,5回くらい観ないとちゃんとした感想は言えないかもしれない。

でも、とにかく、なんだか不思議感満載な映画でした。


By: そんぶーん

素夢文sombun-素夢文ショップロゴ



~ ラオスへお出かけ『番外編』~


皆さんこんにちは!!  ミントです目

さてさて今日はビックリマーク昨日までお届けしました!!

ビエンチャンへのお出かけシリーズのにひひチョキアップ

番外編でーーすニコニコニコニコニコニコ

ビエンチャンに泊まったホテルがホテル

あまりにもよかったのでグッド!音譜音譜音譜

ご紹介でーーす!?

チェンマイハッピーツアー's ブログ

ヴィラ パソークホテルでーーすホテル!!

チェンマイハッピーツアー's ブログ

たくさんアンティークがあり!!

モダンな雰囲気のロビーですニコニコ

チェンマイハッピーツアー's ブログ

部屋も綺麗でしたニコニコ音譜

2年程前にできたようです叫び!!

チェンマイハッピーツアー's ブログ

各備品も装備されグッド!

ラオスではないような感じですにひひにひひにひひ

チェンマイハッピーツアー's ブログ

ベッドもナーラックラブラブ!ラブラブ(かわいい)でしたドキドキドキドキドキドキ

チェンマイハッピーツアー's ブログ

ビエンチャンにこんないいホテルがホテル!!

あったのかって感じですにひひチョキ

チェンマイハッピーツアー's ブログ

化粧室もOKOKOKでした

チェンマイハッピーツアー's ブログ

バスタブ付きでしたニコニコグッド!

えっ!?ラオスでって感じですが叫び!!

贅沢してスイートルームに泊まりましたにひひにひひにひひ

バスタブはスイートルーム以上からのようですショック!

チェンマイハッピーツアー's ブログ

小さなベランダもありましたニコニコ音譜

てな感じでビックリマーク場所はメイン通りから信号機

少し離れたところにあるのでビックリマーク

トゥクトゥクで自転車行くほうがいいですねニコニコ

なぜかはてなマークホテルにはホテル日本語書籍が本祝日

多数ありましたショック!ショック!ショック!

日本人経営でしょうかはてなマークはてなマークはてなマーク

満喫のラオスホテルのご紹介でしたニコニコチョキ


それでは皆さんサワディーカーパー

by  ミントでした目


枠 枠

チェンマイ情報へ戻る 次ページへ