Harf Day Tour                   遺跡
 P-03B チェンマイ市内寺院半日ツアー『Bコース』  充実度ランク:ツアー充実度ランク4

ワット・クー・タオ ワット・ローク・モーリー ワット・シー・スパン ワット・ムアン・グン・ゴーン

ツアーの見所 ツアーリスト

チェンマイ市内の数多くある寺院の中から特色ある寺院を厳選ラインナップ!

チェンマイには300を超える数多くの寺院があるといわれています。こちらのツアーでは一般のツアーに組み込まれている寺院以外でも、特色ある興味深い寺院を厳選したラインナップでご案内する新ツアーです。チェンマイと歴史的に深い関係のあるミャンマー式の寺院や、銀造りの寺院、横に寝る仏像のある寺院など、いずれも興味深い寺院ですので、チェンマイ観光は2度目、3度目のお客様にもおすすめです!


 ツアースケジュール ツアーの旅程  ツアースケジュール
  1. AM 8:30 / PM1:30 ホテルホテルへお迎えに上がります。
  2. チェンマイ市内の寺院を見学
    ワット・シー・スパン

    * ロークモーリー寺院
    * クータオ寺院
    * パンタオ寺院
    * ムアン・グン・コーン寺院
    * シー・スパン寺院
    ※順序は当日の状況により変わります。
  3. AM 11:30頃 / PM 4:30頃 ホテルホテルへお送り致します。
ツアー料金に含まれているもの 料金に含まれているもの
車・ガソリン込み/日本語ガイド
ツアー料金に含まれていないもの 料金に含まれていないもの
お飲み物
 オプショナルツアー料金 お一人様当たりの料金

お申込はこちら
ご人数 お一人様当り価格 送迎
1名様 1,650B 乗用車/ワゴン車
2名様 950B 乗用車/ワゴン車
3名様 730B ミニバン/ワゴン車
4名様 670B ワゴン車
5名様 600B ワゴン車
6名様以上  お問い合わせ下さい ワゴン車

※お子様料金について: 大人料金の70% または子供2名様で大人1名様分
 となります。 子供料金は3歳~12歳までのお子様が適用されます。

プライベートツアーオプション
オプション 料金 備考 
ローカル市場へお買い物 +250B/ツアー 写真館(準備中)

ワット・ローク・モーリー ワット・ローク・モーリー ワット・クー・タオ ワット・ローク・モーリー


 オプショナルツアーの見どころ ☆このツアーの見所☆

 ロークモーリー寺院  Wat Lokmolee 
旧市街北側の堀外側を通るマニノパラット通り沿いにある美しいランナー様式の寺院です。アーチ型できれいな施しの門と、チーク材でつくられる立派な本堂がその特徴とされます。本堂の後ろにそびえる仏塔は本堂の歴史よりさらに古く、1528年、プラ・ムアンケートカラオ王の時代につくられ、その中には同王の遺骨が納められているといわれます。また1578年に、メンラーイ王家最後の女性王・プラナーン・ウィスティラーティウィが死去した際にも、その遺骨を本堂に納めたそうです。


 クー・タオ寺院  Wat Khu Tao 
ワット・クー・タオ
ワット・クー・タオは1579年~1607年までこのランナーの地を統治したビルマ王バインナウン(プレーンノーン)の息子、タラワディ・ミンの墓として1613年に建立されたとされ、その遺灰が納められているといわれています。
寺院の名称である『クー・タオ』とは『ヒョウタンのように丸く垂れ下ったもの』の意味で、その独特な形の仏塔からきています。これらは中国雲南省で多くみられるタイ・ルー族のデザインです。
また、こちらの本堂にある仏像はミャンマー様式の比較的珍しい仏像ですのでこちらも必見です。


 パン・タオ寺院  Wat Phan Tao 
ワット・パン・タオ
ワット・パン・タオは観光客にはあまり知られていませんが、見所のある寺院です。古く大きなチーク造りのウィハーン(尊堂)は、28本の巨大なチークの柱で支えられ、チーク材のパネルをふんだんに使って建設されています。色つき加賀見のモザイクをはめ込んだナーガの破風板も見所です。
内部には古いお寺の鐘、陶磁器、金箔をはった古い北部様式の木の仏像、ヤシの葉の古文書が詰まったキャビネットなどが展示されています。
また境内にはかつての僧院もあります。


 ムアン・グン・コーン寺院
ワット・ムアン・グン・コーン
有名なワット・プラシンのすぐ近くにあるこの寺院は旧市街エリアでは珍しくランナー王朝の王族以外の人物が建立した寺院です。建立者の名がそのまま寺院の名として冠されており、そのムーン・グン・コーン氏とは、もともと一般庶民であり、商売に成功して大金を手に入れた後、メンラーイ王家の財務を預かる高官に昇進、その財力で、もともと自宅のあった土地に寺院を建立したそうです。木造の本堂はまさにランナー様式を代表する建造物となっています。

 シー・スパン寺院
ワット・シースパン
ワット・シースパン内の銀細工工房
建立は1502年ですが、その頃の建造物で現存するのは本堂のチーク材の柱など一部のみとなってしまいました。
ワット・シー・スパンのあるウアライ通り周辺は昔から銀細工が盛んな地域で、その関係から寺院には本堂の他にさらにもう一つ銀色のお堂があります。ここのお堂は女人禁制ですが、だれでも外からの見学は可能です。この地域の職人が腕をふるって作った細かい装飾が目を引きます。
また、このお寺の境内にこの地域らしく銀細工の工房も併設されています。こちらの工房の見学も興味深いですよ!

備考: 各寺院では短パンやランニングシャツ等の肌の露出度が高い軽装は、寺院に入場することが出来ないのでご注意ください。


お申込みフォーム

  • お申込みフォームからお申込みいただいた場合、まず自動返信にて申込確認メールが届きます。もし自動返信が届かない場合、ご記入頂いたメールに誤りがあるなどが考えられますので、お手数ですが再度お申込みフォームより送信下さいませ。
  • 通常1営業日中にお返事を差し上げます。
  • お支払いは日本円での銀行振り込みの他、前日までに現地通貨払いも可能です。
  • 現地到着後の店頭でのご予約も承っております。
    (但しピークシーズンには直前のご予約に対応できない場合もございます。)
  • ツアーは基本的に雨天決行です。但し天候によってはツアースケジュール・アトラクションの変更や中止、または交通事情等によりツアーの催行が不可能になる場合もあります。ご了承ください。