バンコククーポン予約 ディナー&タイ古典舞踊 タイ舞踊 夕食付き

CP-01 サラリムナム ディナー&タイ古典舞踊


サムネイルをクリックすると画像が切り替わります

バンコク5つ星ホテルの優雅なディナーとタイ古典舞踊!

バンコクの5つ星ホテルが運営するタイ料理レストラン『サラリムナム』のディナー&タイ古典舞踊のミールクーポンです。
リバーサイドに建つ”マンダリン・オリエンタルホテル”内の『サラリムナム』レストランで高級タイ料理の夕食(セット料理)と古典舞踊ショーを是非、堪能下さい。高級ホテルの行き届いたサービス・質の高い料理はお客様に好評です!

ツアースケジュール ディナー&タイ古典舞踊のスケジュール ツアースケジュール

  1. マンダリンホテル内の『サラリムナム』レストランへお越しください。(会場オープン時間:19時00分) 
  2. 『サラリムナム』レストランで弊社バウチャーをご提示下さい。
    クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー)
  3. タイ古典舞踊をお楽しみ下さい。 19時45分~
ツアー料金に含まれているもの 料金に含まれているもの
タイ古典舞踊/ディナー(タイ料理セット)
ツアー料金に含まれていないもの 料金に含まれていないもの
お飲み物/送迎/ガイド

オプショナルツアー料金 タイ古典舞踊ショー クーポン料金

2017年10月01日~2018年9月30日まで
クーポン 通常料金 弊社特別料金 料理メニュー (例)
大人 2,707B 2,400B/名様 サテー(豚肉串) 、 タイ風辛いサラダ
川海老入りタイ風スープ 、野菜炒め
ローストチキン、 牛肉タイ風レッドカレー
ご飯(ジャスミンライス)
果物とタイ風デザート
紅茶又はコーヒー
子供 2,119B 2,080B/名様
送迎オプション - +1,500B/グループ
(10名様まで)
 料理:   タイ料理セットメニュー(宮廷料理)
 会場場所: マンダリンオリエンタルホテル敷地内
【料理メニュー(例)】
川海老入りタイ風スープ 、野菜炒め
ローストチキン、 牛肉タイ風レッドカレー
ご飯(ジャスミンライス)
果物とタイ風デザート
紅茶又はコーヒー
※お子様料金について: 4歳~10歳に子供料金が適用されます。
※こちらはクーポンとなりますので、会場まではお客さまにて移動頂きます。
 (送迎オプションをご利用頂くお客様を除く)
※ドレスコードはスマートカジュアルになります。
 ホテル内のレストランですので、短パン、タンクトップなどの着用はお控え下さい。
日本語ガイド&送迎付きのツアーもございます
お申込はこちら
※ソンクラーン時期などは特別料金が設定される予定です。ご了承ください。


クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー)

オプショナルツアーの見どころ ☆このツアーの見所☆

 タイ古典舞踊
タイ伝統舞踊
タイ古典舞踊
タイ古典舞踊にはいくつかの種類があります。
代表的なものはタイ仏教の大叙事詩「ラーマキエン」を演目とする、コーンと呼ばれる仮面舞踊劇で、シアターレストランでは必ずメインの演目として登場します。ラーマキエンは古代インドのヒンドゥー神話にも強い影響を受けています。女性役、神や王族役の演者は仮面をつけず、つけているのは魔族、猿族、動物だけです。
もうひとつ、手の繊細な動きに重要なポイントをおいた舞踊劇『ラコーン』もあります。タイダンスの優美さをもっとも味わえる踊りと言われます。
そのほか、タイ北部の民族舞踊などタイ古典舞踊にも、いろいろなバラエティがあります。


クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー) クーポン サラリムナム(タイ古典舞踊&ディナー)

お申込みフォーム

  • お申込みフォームからお申込みいただいた場合、まず自動返信にて申込確認メールが届きます。
  • 通常1営業日中にお返事を差し上げます。
  • お支払いは銀行振り込みの他、送迎をご依頼頂いた場合には、ガイドまたは運転手へのお支払いも可能です。
  • なるべく1週間またはそれ以上の余裕を持ってお申込み下さい。
  • 年末年始、ロイカートン(11月下旬)、ソンクラン(4月中旬)等は、特別価格になる場合もあります。
  • 料金にはサービスチャージが含まれております。
  • VAT(付加価値税)は含まれておりません。ご希望のお支払い方法によっては(クレジットカードでのお支払いなど)別途加算されます。ご了承下さい。
  • キャンセルについては『よくある質問』の”キャンセルについて”をご参照ください。