1 Day Tour        食事付き 象ショー 絶景 伝統工房 伝統舞踊  ディナー付き
 P-27プライベートツアー チェンマイ1日ツアー(カントークディナー付き) 充実度:ツアー充実度ランク5

ワット・チェン・マン ワット・チェディ・ルアン ワット・プラシン カントークディナー
ツアーの見所 ツアーリスト

旅行に出たからにはあそこもここも見て回りたい!

でも時間を考えると・・・
いえいえ、大丈夫。たった1日で、寺院、郷土料理、そして象にも会えるんです。1日でチェンマイのすべてをギュギュッと凝縮させたツアーです。
充実度№1のこの現地ツアーでチェンマイをたっぷり1日で満喫しませんか?



 ツアースケジュール ツアーの旅程  ツアースケジュール
  • AM 8:30 ホテルホテルへお迎えに上がります。
  • エレファントショー(お絵かき)
    カントークディナーショー
    メーサーエレファントキャンプにて象象のショーを見学
      ※オプショナルA.....象乗り象乗り
  • ドイステープ寺院見学
  • サンカムペーン手工芸品通りへ
      タイシルク・セラドン・木彫りの工場などを見学
  • ご昼食
  • チェンマイ市内の寺院見学 プラシン寺院,チェディールワン寺院
      (御希望の寺院がありましたら変更可能です。)
  • PM 5:30頃 一旦ホテルホテルにお送り致します。
      休憩時間、お客様御依頼のオプショナル要望も承ります。
      (例)タイ式マッサージ・ショッピング等
  • PM 7:00頃 再度、ホテルホテルにお迎え
  • 北部タイ郷土料理カントークディナーディナーをお楽しみ下さい。
  • PM 9:30 ホテルホテル又はナイトバザールにお送り致します。
ツアー料金に含まれているもの 料金に含まれているもの
車・ガソリン込み/日本語ガイド/昼食/入場料/夕食
ツアー料金に含まれていないもの 料金に含まれていないもの
お飲み物/オプショナルツアー
 オプショナルツアー料金 お一人様当たりの料金

象の水浴び
ご人数 お一人様当り価格 送迎
1名様 4,480B 乗用車/ワゴン車
2名様 2,630B 乗用車/ワゴン車
3名様 2,100B 乗用車/ワゴン車
4名様 1,980B ワゴン車
5名様 1,770B ワゴン車
6名様以上  お問い合わせ下さい ワゴン車

※お子様料金について: 大人料金の70% または子供2名様で大人1名様分
 となります。 子供料金は3歳~12歳までのお子様が適用されます。

プライベートツアーオプション
オプション A (午前中) 料金 備考 
象乗り25分コース 900B/2名様
詳細/紹介コラム
写真館
象乗り50分コース 1,250B/2名様

プライベートツアーオプション
オプションB (夕方) 料金 備考 
ローカル市場へお買い物 +250B/ツアー 写真館(準備中)
メーピンリバークルーズ 1,080B/2名様 写真館(準備中)

お申込はこちら


 オプショナルツアーの見どころ ☆このツアーの見所☆

 メーサーエレファントキャンプ
メーサーエレファントキャンプ 象の水浴
エレファントショー
タイで飼育されている象は本来、森で材木の運搬を担う重要な役割があり、重用されてきました。歴代王朝も国旗に象の絵をあしらわれるなど、その地位は高いといえました。
しかし林業の衰えとも相まって時代とともに材木運搬の仕事も無くなり、失業した象の受け皿として各地に象キャンプが設立されました。
メーサーエレファントキャンプもそれら多くのエレファントキャンプの一つです。

象のショーでは、サッカーやお絵描き、材木を運ぶ様子など、内容盛りだくさん!お子様からご年配の方まで皆様で楽しむことが出来ます。

備考
象にとって水浴びは必須ともいえる重要なもので、タイの法律でも象キャンプの設立場所は河川近くでないと許可されません。そんな象たちの水浴び姿を是非ご覧ください。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム 写真館

 ワット・プラタート・ドイステープ(ドイステープ寺院)
ワット・プラタート・ドイステープ
「チェンマイへ来てドイステープ寺院へ行かなければ、チェンマイへ来た事にはならない」とまで言われるほど、チェンマイで代表的な寺院です。
1383 年クーナ王によって建立されたこの寺院。寺院門より礼拝堂へと続く階段は全部で306段あり、手すり部分には2匹のナーガ(タイの神話に登場する龍)が彫 刻されています。寺院の象徴、高さ22メートルある黄金色に輝く仏塔(チェディ)の内部には、仏舎利(ブッダの遺骨)が納められています。
仏舎利はその昔、インドより白象によってこの地に運ばれてきたと伝えられています。また、お寺の壁面に描かれた壁画は、ブッダの物語について描かれたものです。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム

 スワンドーク寺院
スワン・ドーク寺院
1383年にクーナ王によってランナー王国のかつての王宮殿の庭に建てられた寺院で、ほろい本堂には500年ほど前に作られた、タイ全土でも1、2を争う大きさの聖堂が安置されている。釈迦の生涯を描いた色鮮やかな壁画が見事です。また、境内にはランナー王朝代々の王族の遺骨を納めたチェディがあります。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム

 チェディ・ルアン寺院
ワット・チェディ・ルアン
1401 年セーンムアンマー王によって建てられた寺院で、かつて、現在バンコクのエメラルド寺院に安置されている、エメラルド仏が安置されていたと言われていま す。この寺院の象徴である仏塔は、1454年ティロカラート王によって86メートルの高さに改修されましたが、1545年の大地震の際崩壊し、現在の姿に 至っています。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム


 プラシン寺院
ワット・プラシン
345年バーユー王によって建てられた寺院で、チェンマイで一番格式の高い寺院とされてい ます。一時はビルマの支配下で寂れましたが、有名な高僧スィーウィチャイ僧がこの寺院に住むようになってから、多くの人からの寄進、奉仕があり復興しまし た。本堂内部の壁画は、地方の昔の習慣を描いたもので、北部タイの寺院壁画の代表作と言われております。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム

 チェンマン寺院
ワット・チェンマン
1296年、ラーンナー・タイ王国を興したメーンライ王がチェンマイに建てた寺院で、かつては宮殿だったことも。本堂内部の壁は、色鮮やかな壁画で覆われています。   チェンマイで最も古い歴史をもつ寺院です。
但し、現在残っている建物は1度崩壊しており、現在残っているものは15世紀以降に復元・再建されたもので、本堂裏に建立されたチェディ(仏塔)が最も古いです。本堂は太いチーク材の柱が使われる典型的なランナー様式(北タイ様式)の建築スタイルです。
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム

備考: 
各寺院では短パンやランニングシャツ等の肌の露出度が高い軽装は、寺院に入場することが出来ないのでご注意ください。
(ドイステープでは貸衣装を借りる事可能です。)


 カントークディナー
カントークディナー
カントークディナー
カントークとは、タイ語を話し、米を常食としている文化を持つ人々が、特別の行事のときに、食事として使う低い台足のついた丸いテーブルを意味します。台が低いため、みんなが床に座って卓を囲み一緒に食事を行います。
カントークには2つの種類があり、ひとつはユアン・カントークと言われて、チーク材で作られ、主に北部タイ(チェンマイ)の地域で使われます。もうひとつはラオ・カントークと呼ばれているもので、竹と藤で作られており、タイ東北部(イサーン)、ラオス、中国南部のシプソン パンナの人々によって使われてきています。また、一部の山岳民族もラオ・カントークを生活に取り入れて利用しています。

容器の中の料理がなくなると自動的に追加されることが習慣となっています。
(つまり、おかわりが自動的になされます)
以上はエンターテイメントとしてのタイ北部独特の古典舞踊を鑑賞しながら食事をするのが一般的です。
ショーも終盤にさしかかると、踊り子に混じって皆で踊ることができます。恥ずかしがらず旅の思い出に是非ご参加を!
チェック! ツアー関係現地情報 詳細/紹介コラム


エレファントキャンプ 象ショー エレファントキャンプ チェンマイ市内(堀) ワット・スワンドーク

お申込みフォーム

  • お申込みフォームからお申込みいただいた場合、まず自動返信にて申込確認メールが届きます。もし自動返信が届かない場合、ご記入頂いたメールに誤りがあるなどが考えられますので、お手数ですが再度お申込みフォームより送信下さいませ。
  • 通常1営業日中にお返事を差し上げます。
  • お支払いは日本円での銀行振り込みの他、前日までに現地通貨払いも可能です。
  • 現地到着後の店頭でのご予約も承っております。
    (但しピークシーズンには直前のご予約に対応できない場合もございます。)
  • なるべく1週間程度の余裕を持ってお申込み下さい。
  • 料金にはサービスが含まれております。
  • VAT(付加価値税)は含まれておりません。ご希望のお支払い方法によっては(クレジットカードでのお支払いなど)別途加算されます。ご了承下さい。
  • ツアーは基本的に雨天決行です。但し場合によってはツアースケジュール・アクティビティの変更や中止、または交通事情等によりツアーの催行が不可能になる場合もあります。ご了承ください。